各種検査

各種検査

様々な検査により不調の原因追究、予防策の提案を行います。

有害センチュウ検査 土壌中のネコブセンチュウ、ネグサレセンチュウを検出、計測し、その後の対策と予防防除の提案を致します。
水検査セット(青枯病菌、ピシウム菌、一般細菌) 原水、給液、排液に含まれる青枯病菌、ピシウム菌、一般細菌の検出、計測をします。
黄化葉巻病(TYLCV)検査 トマトのウイルス感染の有無を判定し、その後の対策と予防防除の提案をいたします。
黄化えそ病(TSWV)検査(イムノストリップ法) トマト、キクのウイルス感染の有無を判定し、その後の対策と予防防除の提案をいたします。
トマトかいよう病菌検査(イムノストリップ法) トマトの細菌病感染の有無を判定し、その後の対策と予防防除の提案をいたします。
青枯病菌検査(イムノストリップ法) ナス科作物、キク等の細菌病感染の有無を判定し、その後の対策と予防防除の提案をいたします。
イチゴ潜在炭疽病検査 ※ イチゴの親株や苗の葉を用いて、炭疽病に潜在感染した株を発病の前に検出します。その後の対策と予防防除の提案をいたします。
灰色かび病薬剤耐性菌検査 ※ (1)ベンゾイミダゾール
(2)ジカルボキシイミド
(3)ジエトフェンカルブの3系統に対する耐性を調べ、その後の対策と予防提案をします。
病害虫調査(画像) 作物の不調の原因と対策の提案をいたします。

※イチゴ潜在炭そ病検査と灰色かび病薬剤耐性菌検査はサンプル到着後14~20日が必要です。ご了承ください。

有害センチュウ検査 採土方法

・生育不良が発生している場合は、その箇所の土壌を200g程度とり、袋に入れて郵送してください。
・圃場全体を見たい場合は、5か所以上から採土し、よく混和してください。
・その中から土壌200g程度を袋に入れて郵送してください。

kakushu-01

・圃場を何ヵ所かに分けて調査したい場合は、その箇所ごとに採土して、200gずつ袋にいれて、袋にはどの箇所から採土したか分かるように記載してください。

kakushu-02

水検査(青枯病、ピシウム菌、一般細菌) 採水方法

水量は100~1000mlL必要です。ボトルはよく洗ったものを使用してください。
採水時は、調査するのと同じ水でボトルを1~2回洗ってから採水してください。

 

water1

water2

 

 

 

 

 

 

採水後は、高温・直射日光を避けて保管し、郵送してください。

 

 

 

 

 

 

その他各種検査 植物郵送方法

kakushu-03・黄化葉巻病(TYLCV)検査
・黄化えそ病(TSWV)検査(イムノストリップ法)
・トマトかいよう病菌検査(イムノストリップ法)
・青枯病菌検査(イムノストリップ法)
上記検査は植物の地際~生長点までを袋に入れて郵送してください。
複数の株を検定する場合は、1袋ずつ別の袋に入れて下さい。

 

・イチゴ潜在炭そ病検査は 1株に付き2枚、ハウス内の5箇所 から採取して下さい。
下葉から数えて、2番目と3番目の葉を使用すると検査精度が高くなります。
葉は1箇所分ずつ別の袋に入れて、袋に番号を書き、どこから採取したかわかるようにしてください。

kakushu-04

 

・灰色かび病薬剤耐性菌検査は灰色かび病が発生している葉 もしくは 果実をハウス内の5箇所 から採取して下さい。
完全に枯れている葉や果汁が出ている果実は、検査が出来ない場合があるので避けて下さい。
葉や果実は1箇所分ずつ別の袋に入れて、袋に番号を書き、どこから採取したかわかるようにしてください。

kakushu-05

 

病害虫調査(画像)=写真の取り方

本調査では、写真から見て取れる症状より推測される病虫害、生理障害をご紹介します。
なお、樹木類、花き類、観葉植物につきましては、一般に参考資料がないものが多いため、 被害の原因をご紹介できない場合があります。また野菜等につきましても、 参考資料が少ない作物もありますので、中には被害の原因をご紹介できない場合があります。

画像=写真は①植物全体 ②被害部 ③根の3枚を送信してください。

tometo ①植物全体が写るように撮影してください。
※植木鉢の場合は鉢ごと撮影してください。
leaf ②被害(と思われる)部分を拡大して撮影してください。
※他と色が違う(茶色・黒色・黄色・赤色など)、異常と思われる部分をよく観察してから撮影してください※被害部は葉だけではなく、茎(地際:土に近いところの茎)・果実・根などの場合もありますのでよく観察してから撮影してください。
ne ③根を拡大して撮影してください。